セラミック・ホワイトニング

セラミック治療について

セラミック治療は、セラミック素材を使って、銀歯ではなく白い詰め物・被せ物の治療することを一般的に言います。

当院のセラミックを使った治療には、「ジルコニア」「e.max」「メタルボンド」など、様々な種類がございます。使用素材により治療費が異なります。当院では、患者様のご希望(審美性や耐久性)・ご予算・歯の状態に合わせて、ご提案させて頂くことが可能です。

セラミックを使わない白い歯

部位や症例によっては、セラミック素材を利用せずに保険診療で利用できるレジンを使い、白い歯に治すこともできます。もちろん、レジンはセラミック素材に比べると、強度や審美性など様々な点で劣るところはあります。

ただし、単純に銀ではなく白い歯へというご要望は、セラミック素材を使わなくてもできることがあります。メリットやデメリットなど詳しくは、診療にいらした際にお話しますので、お気軽にご相談ください。

長持ちする治療の心がけ!

当院長は、技工士でもあり歯科医師でもあります。どんな治療においても長持ちさせることを、大切にしております。素材・治療内容による違いはもちろんありますが、患者さんの歯の状態や生活習慣にあわせて、長持ちさせる治療の工夫をしています。

治療の直後に、キレイに治った!しっかり噛める!という実感は当たり前だと思っています。その後、生活を続けることで、口腔環境は日々変化します。そんな中でも、歯の良い状態が維持できるように、患者さん自身が生活の中で、気を付けることもアドバイスしたりします。
ですから診療にいらした際は、ぜひ皆さんもご質問ください。

ホワイトニングについて

歯の汚れを取り除くのがクリーニング、歯そのものの色を漂白するのがホワイトニングです。ホワイトニングは、歯医者で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅でできるホームホワイトニングがございます。

患者さまのご希望に合わせて、メリット・デメリットをしっかりとご説明しております。ご興味ある方はお気軽にご相談下さい。

※ホワイトニングを避けるべき方
歯を白くしたいと思ってもホワイトニングを避けた方が良い場合もあります。ご来院の際、まずはご相談ください。

虫歯や歯周病がある方は、ホワイトニングをすぐに施術できません。治療せずにホワイトニングを行うと、歯や歯茎を痛める恐れがあります。 歯の表面に傷などのダメージを残したまま、ホワイトニングをすると、しみやすいです。
テトラサイクリン歯(お薬で変色した歯)は、ホワイト二ングによる歯の色の改善が困難です。

ご予約は042-443-2246 9:00-12:30/15:00-18:30

神奈川県川崎市高津区、東急田園都市線「溝の口駅」徒歩2分、JR南武線「武蔵溝ノ口駅」徒歩3分の宮田歯科では、一般歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・入れ歯(義歯)・歯周病治療を行っております。